わが息子「翔馬(しょうま)」の育児日記のような存在、
それが『翔馬語録』です。

しゃべり始めた頃から、笑わせてくれました。
子育ての大変さの中で、
ほんの少し、癒しの時間をくれたのかもしれません。

翔馬語録は、3歳から始まります。
それ以前は、残念なことに記録していませんでした。
記憶を辿って、ほんの少し、ご紹介します。


■1歳
……………………………………………………………………


翔「どうし、ちゅっちいのぉ〜」

突然言い出した言葉なので、
前後もわからず、意味不明です。

「どうして、○○なの?」でしょうが、わかりません。

……………………………………………………………………


翔「ぶーぶー、あ、ちゃちゃ」

これも意味不明のまま。
「車が来た」なのか、「車が小さい」なのか。

……………………………………………………………………

翔「ちゅーちゅー、あっ、ちゅっちゅ」

これは、わかっています。
雑巾に洗剤をつけ、壁を拭いているマネです。

「ちゅーちゅー」が、洗剤をつけるところ。
「ちゅっちゅ」が、拭くところです。

「あっ」は、え〜と、う〜んと、かけ声でしょうか。

……………………………………………………………………




■2歳
……………………………………………………………………


翔馬が、私の言うことに反抗したので、

私「逆らうな!」

翔「おさかな、ちだ〜う!」

そうでなくて……。もう、笑うしかありません。

……………………………………………………………………


翔馬が何か悪いことをしたので、

私「正直に言いなさい!」

翔馬は、掃除機に向かって、何か言っていました。

う〜む、笑いの基本型ですね。
2歳にして、このセンス。すごい!

……………………………………………………………………


これくらいしか、憶えていないのです。
本当に惜しいことをしました。

もっと、いろんなことを言っていたはずです。
早く気づいていれば……。