ボケの天才児・翔馬語録

小さな子どもは、言葉の魔術師。我が息子・翔馬の超天然ボケキャラで、しばしお笑いください。

2012年09月

都会の血?

川遊びをしていて、カニを見つけました。

私「捕まえてみんかい!」

なんとか捕まえたのはいいのですが、
ものすごくカン高い声で、

翔「キィヤァ〜〜」

まるで女の子でした。カニに挟まれたようです。

田舎育ちのはずなのに、都会的軟弱さです。

いろいろと自然遊びを教えているのですが。
都会の血が流れているのでしょうか。

ラーメン?

晩ごはんの時、丼ものを食べながら、

翔「もしかして、今日の晩ごはん、ラーメン?」

父母「……」

お前の口に入ってるのは何や!

信じられないことを平気で言います。

どうして、晩ごはんを食べながら、
その晩ごはんが何かを考えるのでしょう。

炭水化物セット?

翔「きょうのごはん、何?」

嫁「うどんすき!」

翔「うどんすきに、おにぎりつけていい?」

嫁「どあほ、この大阪人が!」
 
大阪では、焼そばにごはん、お好み焼きにごはん、
うどんにごはん、そばにごはん、のセットが、
当然のようにあります。

スパゲティにはついていませんが、時間の問題です。

ええか?

翔馬がドアでヒジを打った時にひと言。

翔「あっ、イタッ! まあ、ええか!」

ええぇぇ…ええことないやろ。

ネタですか?

翔馬のへんな行動をひとつ。

私が翔馬の頭をたたいた時、
仕返しに来るのかと思ったら、
突然“バシッ”と自分の頭をたたきました。

翔「あっ、まちがえた!」

そんなあほな!

あまりのことに、私も唖然。

翔馬っ、それネタか?
(違うんですね、これが)

人気ランキング
人気ランキングに
参加しています。
1クリックを
お願いいたします。


プロフィール
楽しい生活プランナー
田舎暮らしアドバイザー
遊酔

さまざまな仕事をしながらも、なぜか貧乏人。田舎に移住して、笑って暮らす。
  • ライブドアブログ